首イボはほとんどの場合良性の腫瘍なため、健康への悪影響はありません。しかし、どうしても見た目が気になってしまうため、美容に気を使う女性の皆さんとしてはなんとしても首イボを治療したいところだと思います。

首イボの治療法には『液体窒素療法』や『レーザー治療』など様々なものがありますが、その多くは医者で処置を施してもらう必要があるものです。「医者にいかず、自宅で首イボの治療をしたい」という人も多いと思いますが、そのような人にとってお勧めなのが漢方薬の『ヨクイニン』です。『レーザー治療』等ほどの即効性はありませんが、首イボにはもちろんのことお肌の美容効果にも優れており、首イボの治療と予防のどちらにも役に立ちます。

では、その『ヨクイニン』とはどのような漢方薬なのかをご紹介したいと思います。ヨクイニンは、イネ科の『ハトムギ』の種子の名称です。ハトムギは健康食品やハトムギ茶の名称でお茶としても巷で売られています。つまり、大雑把にいえば「ハトムギ=ヨクイニン」なわけで、ヨクイニンが意外と身近な存在なんだということがお分かり頂けると思います。

このヨクイニンですが、イボの治療やお肌を美化する作用があり、お医者さんが首イボなどに処方する薬の中にも、ヨクイニンがあります。市販のヨクイニン商品にも錠剤タイプのものがあります。ヨクイニンは自然成分由来成分ですが、それでも錠剤タイプの場合副作用が絶対に生じないということはありません。

これは、錠剤に含まれるヨクイニン以外の成分が反応して、じんましんなどが発生するおそれはあるからです。ですので、そのような副作用に抵抗がある方はハトムギ茶などを飲むことでヨクイニンを摂取することをおすすめします。ハトムギ茶の場合、錠剤でヨクイニンを摂取する場合に比べたら効果を実感するのは遅くなりますが、お茶ですから毎日気軽に飲むことができます。毎日の飲み物で首イボや肌トラブルの治療、予防に役立つことができるのでお勧めです。

このように、医者にいかなくとも、あるいは医者の治療と併用してヨクイニンを摂取することで、自宅での首イボ治療が行えます。ただし、いくつか注意して頂きたい点があります。まず、錠剤等で摂取する場合、多くの説明書には「空腹時の摂取が効果的」と記載されていると思いますので、服用のタイミングにはご注意ください(実際に服用される製品の説明書をよくご覧ください)。

また、ヨクイニンには老廃物を排出する効果がありますが、そのために流産の危険も指摘されています。妊娠中の方はヨクイニンの服用の前に、産婦人科などの医師とよくご相談の上、服用するようにしてください。