青汁の主な成分

青汁の主な成分は、ケール、大麦若葉、明日葉です。他にも青汁には豊富な栄養量が含まれています。ビタミンCやB、Bカロテン、食物繊維、ルテイン、メラトニンなどが含まれており便秘症や不眠症にも良いです。便秘に悩む人のお助けドリンクになります。

またビタミンB、Cは美肌にとってよく、ビタミンBは余分な皮脂の予防に、ビタミンCは美白にいいのでニキビやシミに悩んでいる人にも良いです。ルテインはパソコンやスマホの使い過ぎによる、目の疲れに効果的です。また、明日葉には、カルコンという栄養素が含まれています。このカルコンは、むくみの解消する効果があり、むくみが気になっている人はむくみが取れただけで細く見えることもあります。

また、血液をサラサラにする効果もあり生活習慣病を防ぐ役割があります。さらに、カリウムも一緒に含まれることから利尿作用もあって、さらなるむくみを防いでいきます。

青汁を飲んでの効果

青汁を飲んだ目的は何となくの健康の維持と野菜などの栄養成分の補給でした。飲むことにしたことにより健康への意識は上がったとも思います。毎日欠かさず飲むようになって、体調が良くなったように感じた朝もありました。週末まで働くととても疲れますが、それも減ってきたような気がします。一番実感したのは風邪をひかなくなったことです。

私は風邪をひきやすい体質でしたが、気づけば寒い時期や難関の季節の変わり目なども乗り越えることができるようになりました。そしてうれしい出来事は、便秘気味が解消されつつあることです。たぶん朝、水分をきちんととって、時には牛乳を混ぜて飲んでいるのですから朝一に腸が動いたのだと思います。毎朝便意がきちんと訪れるので、これは素晴らしく変化しました。

昔からある栄養補助ドリンクですので、値段もそこまで高くありません。続けやすくコスパもよいですので、健康やその他の効果を期待して飲んでみるのもよいと思います。体の中の不調を整えるドリンクとしてもよいと思います。

青汁の中でも特にオススメなのが、「極の青汁」です。詳細はコチラ↓↓
極の青汁