海外製の育毛剤
育毛剤を使って薄毛を治そうとしている人はいます。使っている育毛剤は基本的に日本製ですが、中には海外製の育毛剤を使っている人もいます。

どうして海外製を選ぶのか?

海外製を選ぶ理由として「日本製よりも効果が出やすい」と最もな理由です。日本製のも全く効果が出ないと言う訳ではありませんが、人体への悪影響や副作用も考慮して抑えめに設定されています。

よく言えば安全性重視、悪く言えば抑えすぎて効果が実感出来ないと判断されています。

一方で海外製の場合は現地での安全基準に基づいて作られており、日本よりも緩い国は多いです。緩いと言う事は使われている成分の効果も発揮しやすくなり、同じ育毛剤でも日本製よりは確実に育毛促進してくれる事に期待が持てます。

副作用のリスクも高い

効果こそ日本製よりは高いですが、使った際に出てくるリスクも高いです。確認出来る限りでは、「頭皮へのかゆみやかぶれ」「男性器への機能障害(勃起不全等)」が多いです。

日本製ならまがりなりにも日本人が日本で使う事前提で作られているので、比較的少ない方です。ですが、海外製は先にも述べたように海外での安全基準に基づいて作られています。

日本人には体質的に合わない成分や日本よりも使われている量が多くて体に悪影響及ぼすリスクは高いです。効果は得られるが副作用も得られやすいのが海外製の育毛剤なのです。

購入方法も簡単ではない

日本製の育毛剤なら店頭でも売られている商品は多いので購入はしやすいです。しかし、海外製の場合はまず店頭で買える事はありません。

少なくとも日本で展開中の大型チェーンの小売店では買えないです。日本で正式販売されていない以上はお店に卸しようがないからです。

海外製の育毛剤の購入はネット通販がメインになる

海外製の育毛剤を買うなら自分で直接ネット通販で買うしかありません。大手通販サイトのAmazonでも海外製の育毛剤が販売されている時もありますが、基本的は日本製しかおいてありません。

なので、Amazonを使って購入したい時は日本のAmazonでは無くアメリカ等外国のAmazonで直接購入しなければいけません。

当然送料等も相応な額となりますが、日本で買えない以上は必要経費と割り切るしかありません。英語が苦手な場合は輸入代行業者に依頼するか個人輸入で販売しているお店で購入する等の手段はありますが、基本的には英語を覚えて直接買えるようにしておかないといけません。

安全を取るか高い効果を得たいかで利用価値が決まる

海外製育毛剤は日本よりも安全基準が緩い状態で作られているので、育毛効果も高ければ副作用のリスクも日本製よりも高いです。

育毛は確かに大事ですが、それで体を壊しては元も子もないです。安全性を取って地道に育毛するか、リスクを承知の上で早く育毛していくかどちらを基準にするかは人それぞれですが、日本製と海外製では同じ育毛剤でも全く違う事を覚えておきましょう。

国産の安全な育毛剤厳選!