首イボには、アクロコルドンとスキンタッグと軟性線維腫の3種類があります。大きさが比較的小さく盛り上がりの少ない褐色のイボをアクロコルドンと言い、アクロコルドンと比べると少し大きく盛り上がったイボをスキンタッグと言います。年配の方に多いアクロコルドンとスキンタッグは、出来る場所も人それぞれで20代からでき始める人もいるそうです。直径5mmを超えると軟性線維腫と言います。

首イボは老化現象と言われ原因は加齢と言われており、年齢と共に増加する傾向にあり更年期以降の女性や肥満気味の人に多く見られます。30代から徐々に増え始める首イボは閉経が近い女性は特に多くなるようです。イボが出来やすい首回りや脇の下や胸などは服や下着が擦れることによる摩擦が原因ではないかといわれていますが強い紫外線を浴びた後に多発することも多く紫外線ダメージが原因の一つです。服の刺激などを放っておくと加齢と共にどんどん増えて大きくなります。

首イボは良性腫瘍なので心配することはありませんが急に大きくなったり出血したり、黒や茶色など色づくとウイルス感染のイボや、皮膚ガンなど注意が必要な場合もあります。大きさも直径7mmを超えると悪性の場合もありますので、いずれかに該当する場合は早急に皮膚科を受診して下さい。

首イボで比較的小さいアクロコルドンとスキンタッグは3種類の治療方法があります。まずは液体窒素治療で液体窒素を使用し、-200℃近い超低温の液体窒素で冷却します。その後ピンセットで掴み凍結し、凍結した首イボを1~2週間でかさぶたにして自然に剥がすそうです。次に、ハサミで切除する方法ですが、ハサミを使って小さめのイボを切り取ります。小さいイボだと出血がほとんどないそうです。

次に炭酸ガスレーザー療法です。炭酸ガスを使って盛り上がったイボを蒸発させます。小さいイボなら麻酔も不要です。軟性線維腫と言われる少し大きめの盛り上がったイボを治療する方法もあります。除去手術は、局所麻酔をしてイボの根元を切り取り傷を縫い合わせる手術方法です。また炭酸ガスレーザー治療は局所麻酔をしてイボの根元を焼き切ります。1cmを超えるイボなら手術の方がいいです(治療法に関してはhttps://kubiibobuster.netもご参照下さい)。

乾燥や衣類の摩擦を防ぎUVカットを首元や胸元にすることでイボを作らない環境作りが大切です。首回りを刺激しない服装選び下着の締め付けないものを選び。顔だけでなく首回りや胸元にもローションを付け保湿ケアをして1年中UVカットをしましょう。